press

2013/07 stereo 2013年08月号

アンプを数段上の物に変えた効果があるヘッドフォン用アクセサリー
NIP-03
NIP-02SQ
「評判の良いヘッドフォンを買ったのだけれど、人が褒めるほどは良くなかった」とガッカリしているあなた。NIPシリーズを併用するだけで、そのヘッドフォンに関する評価がまるで変わってしまうから、ぜひお試しいただきたい。
(村井裕弥氏)

2013/07 電源&アクセサリー大全2014

注目の電源&アクセサリーブランド30
NSブランド
一聴して分かるクリーン効果に手放せなくなった、というのが正直なところ だ。ほか、ヘッドフォンの音を 向上させるグッズ類も昨今は精力的に開発 が進む。同社の開発能力には脱帽のほかない。
(炭山アキラ氏)
クオリティアップに直結するお薦め電源アイテム全集
NSIT-3500

注目アイテム 汚れを除去してクリーンに 電源システム
NSIT-80T
サイズも価格も手頃で効果は明確。電源環境本格改善の最初の一手としてまず試 してみるのに適当な一台だ。
(高橋敦氏)

ツチノコ型!電源ノイズフィルター&アタッチメント徹底研究
NSIT-70RMK
そのままエネルギー感が伝わるが、パワフルというより暴れを抑えておいしいと ころをうまく聴かせているような手際のよさを感じる。
(田中伊佐資氏)

これで決まりだ!!福田屋セレクション2014
PCCB-01(カーボン)
装着すると、最高級ステンレスのカーボンデザインと見分けがつかない。デザイ ン効果だけでも魅力だが、静寂感があり混濁を減少。 透明度が高く、中低域の深みや低域の力も強化。重量感のある響きを引き出す。
(福田雅光氏)

本誌が注目する電源アクセサリー&ケーブルを紹介
PWCC-01
PWCW-01
撚り線と単線の長所を生かす構造 色彩感が豊かで繊細な高音も特色

(福田雅光氏)
ハイブリッドACスタビライザー、ケーブルクランプ
振動対策はもちろん、好みの音質へのチューニングも可能となっているこれらの アイテムをぜひとも試してみてはいかがだろうか。
(編集部) 省エネ&ノイズ対策アイテム
NSIT-3500
トランスは適切に設計してやると高周波ノイズを効率良く排除し、電源本来の美 しい正弦波を回復させてくれる。 大容量化も比較的たやすく、パワーアンプなどの大電力に対応させやすいのも嬉 しい。
(炭山アキラ氏) プロが選ぶマイベスト電源&アクセサリー
NDC-P01
内部には高性能のパルストランスが入っていてこれでノイズを遮断する仕組み は、古くからあるもので機器組み込み型のデジタル機器でもよくみられ る。し かし材料を吟味していて映像機器に使うと効果は画質音質の双方に及ぶ。
(吉田伊織氏) 注目アクセサリー紹介
NMMB-01
再生音は、NMMB-01のあるなしで比較して明確に違った。 本器を入れると低音の厚みがはっきりと増大し、最低域のレンジ自体も広がって いる。つまり、スピーカーに対する駆動力が増した感覚だ。 広域はもともと微妙にあった刺激成分が除去され、まろやかに感じられる。総じ て言えば、音に厚みが出て、ついつい音量を上げたくなるような耳あた りのい い感じの音調に変化。
(鈴木裕氏)

2013/07 PREMIUM HEADPHONE GUIDE SUMMER 2013年

"つなぐだけ"で音質向上が狙える注目アイテム登場!
NIP-02SQ

極めて微細な信号領域に効果があり、よりピュアな音質再生が求められるハイレゾ音源にとくに効果的な印象。(折原一也氏)

2013/07 特選街 3月号

今月のテストルーム
NIP-01

意外に効果が大きく、クラシックの弱音部でのS/N比は明らかに向上し、細かい音の再現性が向上する。音質的にも鮮度の高い印象になる。

2013/07 mono モノ・マガジン2-16号

イエス!ヘッドフォン
NIP-01

端的に言えば高周波デジタルノイズを除去するノイズフィルターで、使えば確かに左右の背パレーションを向上させる(音の混濁を防ぐ)などの効果が実感できる!

2013/06 Audio Accessory 2013 SUMMER No.149

AA特選アクセサリー
NIP-03
ステレオMIX回路も搭載し、モノラル音源にできるほか、録音状態の調整にも利用できる。
さらに両chモノラル・片chモノラルの選択ができるなど、機能面でも楽しめる仕様となっている。


NSIT-80T
まずはそのコンパクトさ。縦と奥行はBDパッケージより少し大きいくらいで、幅もそれほどない。オーディオラック周辺だけではなく、デスクトップの足下でも邪魔にならなそうだ。
ふたつめは利便性。2口の出力を片側160VAまたは両側各80VAの、2パターンの電源容量で利用可能だ。消費電力の大きな機器をひとつつなぐことも、消費電力がそれほど大きくない機器をふたつつなぐこともできる。
高橋敦氏

重点アクセサリー研究●電源特集 PART2
NSIT-70RMK

完全なアイソレーション・トランス型だが、トランスのキャラクターを感じさせないどころか、色づけがかなり少ない。試しに外してみると、荒さや濁りを感じさせて効果を実感した。
田中伊佐資氏

PageTop


Copyright (C)  Nakamura Corporation All rights reserved.